心配するあなたに予防薬の朗報!この機会にフィラリアを知る

犬猫に危険なフィラリア症

犬や猫をペットとして迎えるにあたって必要なのが病気の予防などです。
そしてフィラリア症は投薬することできちんと予防することができるので、必ず予防薬を用いて予防してください。
今と昔ではペットの飼い方が大きく変わってきており、ペットは今や家族同然の扱いです。
もちろん昔でも家族のように扱っていたという方はいらっしゃるとは思いますが、やはり今は異常とも言える可愛い方をしている方もいます。
ペットを可愛がることは大変喜ばしいことなのですが、家族同然のペットを大事にするためにはフィラリア症の予防も当然大事です。
フィラリア症とは、蚊などを通して犬や猫の心臓や肺動脈に寄生してしまう寄生虫が引き起こす病気です。
成虫にもなると30cm以上になり、糸状の形をしており心臓一面に広がります。
症状は最初わかりにくいのですが、寄生してしまうことで血流の流れが悪くなり、様々な症状が出てきてしまいます。
血液の慢性的な循環器障害や、呼吸器においての症状がみられてきます。
いつも通り散歩していても疲れが目立ったり、階段に対して抵抗したり、興奮した時や乾いたような咳が出てくるようになったら要注意です。
他にも肝臓の肥大や、お腹に水がたまったり、浮腫みがひどかったり、血を吐いたり、呼吸困難になったりなどの症状が出ます。
猫の場合は感染しても寄生する数が少ないため重症になることは少ないです。
しかし心臓が小さいため数が少なくても急に状態が悪くなり突然死へともつながりやすいです。
予防薬を使用することで100%予防することができるのですが、予防する前に感染していた場合、予防薬を使用することは大変危険ですのでやめてください。
ショック死を引き起こす可能性も出てきますので必ず治療してから予防するようにしましょう。
犬や猫は話ができない分、飼い主が気をかける必要があります。
予防方法はたくさんありますが、スポットタイプなど肩甲骨あたりにたらすタイプのものがペットも嫌がらずにスムーズに投与することができます。
最近ではインターネットなどでも海外の予防の治療薬が購入できるので、定期的に予防するのを決して忘れないようにしましょう。
投薬を忘れてしまうと感染してしまう恐れがあります。必ず忘れないようにしてください。

フィラリアの症状や予防薬についての詳細はこちら